nagoyaU_01.jpg

名古屋大学_未来社会創造機構 立体映像型ドライビング・シミュレーター ’15

未来の車はこんな感じになる?
タンデム2人乗り仕様のリーンしながら転回する(曲がる)コミューター!

Client : Nagoya University

DS3000_05.jpg

DS3000 Series Data Station '09〜'10

DS-3000という名前からはどんな製品か想像しがたいとは思いますが、主に車や家電などの製品評価や実験などの現場で「音・振動」をセンサーで感知...

Client : ONO SOKKI Co.,Ltd.

FQ01.jpg

SUV Concept Model for Promotion '08

2008.6.25から東京ビックサイトにて開催された-IVR2008-の為にバルコ株式会社、及び株式会社フィアラックス向けにSUV型コンセプトモデルをデザイン提供しました。

Design: I.D.Net.Co.,Ltd.

ページの先頭へ

DoKoMoHDPhone07.jpg

Mobile Phone '04

コモディティ化し多様なライフスタイルに対応し続ける携帯電話。その多様化の中で存在の独自性を持たせる為の...

Client : NTT Docomo

kodak0001.jpg

Kodak Digital Camera '04

デジタルカメラの黎明期にイノベーティブなモデルを開発していたコダック。その後デジタルカメラ市場が...

Client : Eastman Kodak Company

ページの先頭へ

HomePCFix3no2.jpg

Desktop PC '02

日本のPCメーカーがデスクトップ型PC市場から撤退しノートPCのみの供給へと舵を切りつつある中、ビジネス用途ではなく家庭向けのPCとしてエンターテインメント用途を...

Client : TOSHIBA Corporation

will7.jpg

Info'KIOSK for GAZOO '00

トヨタ自動車の社内ベンチャープロジェクトであるWill ProjectとインターネットサービスであるGAZOOをつなぐ為の情報端末の企画及び筐体設計を行いました。見ての通りモチーフはラジオフライヤーです。腰掛けてワイヤードの液晶モニターを手に取って情報を検索したりそのまま車の中にモニターを引き込んでカタログを見たりといろいろと楽しい使い方が出来ます。

Client : Toyota Motor Corporation

ページの先頭へ

JphoneBase.jpg

PDC(IMT2000)CONCEPTmodel
for C-TECH JAPAN '00

「手のひらの未来」というキャッチフレーズで展開することが決定していた同社のプロモーション。その未来を体現する為に企画&デザインを行いました。小さいのにフルスペック。いわゆるデモンストレーションモデルですね。

Client : J-PHONE & NEC Corporation

NEC HUB .jpg

NEC IEEE1394HUB '99

IEEE1394のリピーターHUB映像制作関係のBtoB向けにデザインしましたが、その後OEM供給の形で同社以外の販売会社からも発売される事になりました。

Client : NEC Corporation

ページの先頭へ

power_suits.jpg

KING JIM PC BAG_Powersuits '98

モバイルコンピューティングという言葉がビジネスマンの中で「先進的なワークスタイルである」という認識が拡がる中、2Kgを超す重たいPCを安心して運ぶ為の鞄も必要だという考え方で企画&デザインを提供。とある通販番組で実際にPCを入れた状態でほおり投げた後でもPCは無事だったという実験は話題になりました。

Client : King Jim Co., Ltd.

HOCHIKI Security System '94〜'07

防災関連の感知器や遠隔操作用インターフェイスなど多くの製品デザインをサポートし、同社の製品デザインに於けるアイデンティティ要素など様々なブランドデザインの用件定義や活用方法などを構築。ブランディングそのものからお手伝いをしています。

Client :HOCHIKI  

ページの先頭へ

セコニック露出計.jpg

SECONIC Actinometer '94

セコニックの露出計といえばプロカメラマンのマストアイテム。機能性を高めながら新しいセコニックの表情を探索したデザインです。

Client : SEKONIC CORPORATION

ryobi_01.jpg

RYOBI Study of Product Identity

多様なジャンルの製品デザインに一つのアイデンティティを組み込む事が可能かどうかというシミュレーションデザイン。BtoBやBtoCの製品など様々なプロダクトにブランディングコミュニケーションデザインとしての表現を試みた例。

Client : RYOBI LIMITED

ページの先頭へ